クリスマスの朝のすずめ(ターヤ・トゥルネン)- Varpunen Jouluaamuna

和訳例

谷間の花を雪が覆う
冬の霜で湖の波は凍っている
小さなスズメは、すでに夏の残りの食べ物を食べつくしていた
冬の霜で湖の波は凍っている

小さな小屋の階段の上の可愛い少女は言った
「スズメさん、喜んで。種をお食べなさい。
クリスマスだよ、家もなく不幸なスズメさん
さあ 喜んでこっちにおいで、私の種をお食べなさい」

スズメは喜びを持って少女の元へ飛んできて言った
「喜んであなたから種をもらいましょう
神様はいつかあなたに報いたいと思っています
あなたから種をもらいましょう」

「私はこの世の鳥ではありません
あなたの弟です。天国から来ました
あなたが貧しい者のために与えた小さな種は
天使の国からあなたの弟に与えられました」

フィンランド語歌詞

Lumi on jo peittänyt kukat laaksosessa,
järven aalto jäätynyt talvipakkasessa.
Varpunen pienoinen, syönyt kesäeinehen,
järven aalto jäätynyt talvipakkasessa.

Pienen pirtin portailla oli tyttökulta:
tule, varpu, riemulla, ota siemen multa!
Joulu on, koditon varpuseni onneton,
tule tänne riemulla, ota siemen multa!

Tytön luo nyt riemuiten lensi varpukulta:
kiitollisna siemenen otan kyllä sulta.
Palkita Jumala tahtoo kerran sinua.
kiitollisna siemenen otan kyllä sulta!

En mä ole, lapseni, lintu tästä maasta,
olen pieni veljesi, tulin taivahasta.
Siemenen pienoisen, jonka annoit köyhällen,
pieni sai sun veljesi enkeleitten maasta.

タイトルとURLをコピーしました