フィンランド語の文字・母音・子音

アルファベット

大文字/小文字発音
A aアー
B bべー
C cセー
D dデー
E eエー
F fアェフ
G gゲー
H hホー
I iイー
J jイーー
K kコー
L lアェル
M mアェム
N nアェン
O oオー
P pペー
Q qクー
R rアェル
S sアェス
T tテー
U uウー
V vヴェー
W wカクソイスヴェー
X xアェックス
Y yイュー
Z zツェト
Å åルオツァライネン・オー
Ä äアェー
Ö öオェー

母音

 日本語にない発音があることに注意してください。

母音・発音説明
a /ɑ/日本語の「あ」の音。
u /u/日本語の「う」より口を丸めて発音。
o /o/日本語の「お」の音。
i /i/日本語の「い」の音。
e /e/日本語の「え」の音。
ä /æ/「え」を発音するときの口の形で「あ」の音を出す。日本語にもある発音だが区別していない。
y /y/ドイツ語の”ü”の音に近い。「い」を発音するときの舌の位置で「う」の音を出すとこの音が出る。
ö /æ/「お」と「え」の中間音。「え」を発音するときの舌の位置で「お」を発音する。

母音調和

 以下の表でグループAの母音とグループCの母音が一つの単語の中で共存することはありません。グループBの母音はどちらとも共存できます。(外来語は例外)

グループAグループBグループC
äia
yeu
öo

後尾格

 上記で説明した母音調和の原則に従うため、単語の語尾につける「格」は1つの格につき2種類存在する。例:-ssa/-ssä

同じ母音が2つ続いている場合

 ”Maa”のように同じ母音が重なっていた場合は長めに発音してやります。”Maa”の場合は「マー」という発音になります。「ー」を付けてやる感覚でかまいません。

子音

子音説明
k無声軟口蓋破裂音。日本語の”か行の子音。
p無声両唇破裂音。日本語のぱ行の子音。
t無声歯茎破裂音。日本語の「た-ta、てぃ-ti、とぅ-tu、て-te、と-to」に出てくる子音。単独であった場合は小さい「っ」に聞こえることも。
ts無声歯茎破擦音。日本語の「つぁ、つぃ、つ、つぇ、つぉ」に出てくる子音。
s無声歯茎摩擦音。日本語の「さ-sa、すぃ- si、す-su、せ-se、そ-so」の子音。
l歯茎側面接近音。英語の”l”と同じ。日本語にはない音です。
r歯茎ふるえ音。英語の”r”とは違う音です。下の先っぽを歯茎付近で震わせる。江戸弁の”ら”行の子音。(いわゆる巻き舌)
m両唇鼻音。日本語のま行の子音。”mm”のように2つ重なった場合には日本語の(カ”ン”パニー)を発音するときの「ん」になる。
n歯茎鼻音。日本語の「な」行の子音。”nn”のように2つ重なっている場合は日本語の「ん」になる。
nk , ng鼻から息を出すように発音する「が」行達。
v有声唇歯摩擦音。日本語にはない音で、かなでは「ヴ」であらわされる。下唇と上歯で隙間を作って息を吹き込んで発音する。
j硬口蓋接近音。英語の”j”の子音とは全く別の音。日本語の「や」行の子音。
h無声声門摩擦音。日本語の「は-ha、へ-he、ほ-ho」に出てくる子音。
d有声歯茎破裂音。日本語の「だ、でぃ、どぅ、どぇ、ど」に出てくる子音。
b外来語のみに使用される。日本語の「ば」行の子音。
f外来語のみに使用される。”v”を無声化させた音。
g外来語のみに使用される。日本語の「が」行の子音。
w=”v”

同じ子音が2つ続いている場合

 ”n”と”m”の例外を除き、小さい「っ」を間に入れるように発音をします。例えば”Mikko”は「ミッコ」と発音します。

タイトルとURLをコピーしました