フィンランド国歌「私たちの国」- Maamme

解説

フィンランドの国歌である、私たちの国(フィンランド語: Maamme,スウェーデン語: Vårt land)は、ユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリによってスウェーデン語で書かれ、その詩にフレドリク・パーシウスが1848年に曲を付けたものです。1863年に公用語がフィンランド語になると、パーヴォ・カヤンデルがフィンランド語に翻訳し、広く国民にも知られることとなります。

和訳例

おお、私たちの国、フィンランド、母国よ
響き渡れ、黄金の言葉よ!
これほど愛されるような谷、丘、
水、岸はない
この北の祖国よりも
親愛なる父祖の地よりも。

今一度その殻が破られ
君のつぼみは芽生えるであろう
私たちの愛国心は高まる
君の希望、喜びの輝き
そして今一度、故国よ、愛国の歌が
より高らかに響き渡るだろう

※これはフィンランド語版歌詞からの翻訳です。スウェーデン歌詞の翻訳は現在準備中です

フィンランド語歌詞

Oi maamme, Suomi, synnyinmaa,
soi, sana kultainen!
Ei laaksoa, ei kukkulaa,
ei vettä, rantaa rakkaampaa
kuin kotimaa tää pohjoinen,
maa kallis isien.

Sun kukoistukses kuorestaan
kerrankin puhkeaa;
viel’ lempemme saa nousemaan
sun toivos, riemus loistossaan,
ja kerran laulus, synnyinmaa
korkeemman kaiun saa.

スウェーデン語歌詞

Vårt land, vårt land, vårt fosterland,
ljud högt, o dyra ord!
Ej lyfts en höjd mot himlens rand,
ej sänks en dal, ej sköljs en strand,
mer älskad än vår bygd i nord,
än våra fäders jord!

Din blomning , sluten än i knopp,
Skall mogna ur sitt tvång;
Se, ur vår kärlek skall gå opp
Ditt ljus, din glans, din fröjd, ditt hopp.
Och högre klinga skall en gång
Vår fosterländska sång.

タイトルとURLをコピーしました